インプラント治療で快適に過ごす

>

歯を失った場合の治療法

インプラントの構造

インプラントとは、心臓のペースメーカーや人工関節など体内に人工の材料や医療機器などを埋め込むことの総称です。
歯科治療では、あごの骨に人工歯根を埋め込み人工歯を取り付けます。
3つの部品をつなぎ、合わせます。
あごの骨に埋め込む歯根部(インプラント体)・支台部(アバットメント)・人口歯(上部構造)で構成されています。
歯根部と支台部を一体化させた1ピースタイプ・接続する2ピースタイプがあります。
手術法は外科手術が一度の一回法は、1ピースタイプを埋入します。
二回法は、2ピースタイプを使用し、一次手術で歯根部を埋入し、3~6か月で結合したら支台部を接続します。
歯肉が落ち着いたら人口歯を装着することになります。

インプラントの治療の流れ

1.インプラント治療がどのような治療法か手術の成功率やリスク・デメリットなどを説明し、正しく理解してもらいます。
2.手術前にはレントゲンや歯科用CTスキャンで神経や血管、骨の厚さなどを検査します。
3.検査資料を元に、歯の数や骨の状態により治療計画をたてます。
周りの歯が虫歯や歯周病の場合や、骨量の不足・糖尿病などの場合は、すぐにインプラントの手術は出来ません。
4.歯肉を切開し、あごの骨にインプラントを埋め込む手術を行います。
所要時間は1時間~3時間程度です。
治癒期間は3~6か月程度で、インプラントと骨の結合が確認出来れば二次手術を行います。
5.歯肉を切開しアバットメントを取り付け連結します。
6.1~6週間ほどおいて歯ぐきの傷がなおってきたら、型を取って人工歯を作ります。
7.3ヶ月ごとにメンテナンスを行って、健康状態を維持するために予防処置と検査を行っていきます。


この記事をシェアする